TOP > エルメックの世界一

エルメックの世界一

世界で最初にパソコンを使った工業計測を行ったのはエルメックです

世界で最初にパソコンを使った工業計測を行ったのはエルメックです

世界に広がるエルメックシステム
世界で最初にパソコンを使って本格的な工業計測システムを作ったのはエルメックで有る。
オイルショック直後の1979年、創業2年目の時である。創業者の平野健一郎は急遽アメリカ・タンディ社から取り寄せたパソコンTRS-80を覗き込んでいた。国内で個人や中小企業が手にできるのはZ80と言う8bitCPUを乗せたワンボード・コンピュータしか無い時代であった。このパソコンのCPUは8Bit、メモリはMAX24kBであるが、フロッピーディスクをベースにしたDOS(Disk Operating System)が付いている。そしてBASICとFORTRANが走る。平野は思った「よーし、これだ!」

このパソコン用に拡張ボックスを開発して、そこに高速A/Dコンバータ、D/Aコンバータ、P I/O、カウンタ、タイマが動くようにしてやろう。そうすれば、ミニコン1)と同じ計測システムがつくれる。

ここから平野のパソコン計測システムへのチャレンジが始まった。

今ではパソコン計測システムは珍しくは無いが、1979年にはIBMでさえパソコンは作っておらず、マイクロソフトのOSもまだ存在していなかった。高価なミニコンを使った大規模なデータ集録システムしか無い時代に低価格なパソコン計測システムは分散処理システムの幕開けとなった。

エルメック1号機はBASICで作られ、H電気殿に金属皮膜抵抗温度係数自動選別機として納入された。

エルメック2号機はM工業殿に納められた自動車エンジンのキャブレタ燃料流量判定装置である。このシステムは自動車エンジンのアイドリング、30km/h、80km/h、エンジンブレーキ時の状態を、負圧をシミュレートしてキャブレタに流れ込む燃料流量を計測するものである。PIDでサーボモータを制御して負圧を発生させ、燃料の流量計測、設定バルブはステッピングモータで制御をする。これらの全部の動作を8bitのCPUに24kBのメモリ上でFORTRANを走らせて行わせた。これだけの事はミニコンを使ったシステムでもやっと出来るような事を、おもちゃだと言われていたパソコンTRSで作り上げたことは業界からも、離れ業だと注目された。

ミニコンシステムのソフトの改造費にも満たない予算で、20台のパソコン計測制御システムが完成してしまった。分散処理システムである事は、別の大きなメリットを生んだ。それはCPUがダウンしても生産が止まるのは1/20で済むと言うことであった。それまでの集中システムではCPUダウンに備えて各検査ステーションには手動運転モードが設けられていたが、分散システムではそれは削られ大幅コストダウンにつながった。

このおもちゃと言われたTRS-80のシステムはその後2000年まで20年間動き続けた。そして創立30週年の現在までに2000以上のパソコン計測システムを世に送り出してきたエルメックの技術と品質に対するこだわりはこの時にその基礎が作られた。

それでは時間をもう一度1979年にもどし、当時エルメック本社であった、アパートの一室に舞台を移す。

平野と数人の仲間がTRS-80を囲んでいる。
当時のパソコンはおもちゃの延長線上に有り、工業用には使えないと言うのが定評であった。取り寄せたTRS-80を徹底的に分析した平野は、パソコンと言ってもコンピュータはコンピュータだ、必要な全ての機能は備えている、使用している電気部品等の品質が問題であると喝破した。

過酷な工業用に使用しても耐えられるように電源に本格的な放熱板を付ける等して、徹底的に改造したが、連続運転に耐えるパソコンはなかなか出来あがらなかった。何日も徹夜が続き、最後の処置を終わった時、夜は白々と明けスズメのさえずりが聞こえていた。A/Dコンバータを装着し、連続運転テストのスイッチを入れ、平野と仲間たちは眠りに着いた。24時間後一つの集録ミスも無く全てのデータを取り込んでいるのを確認した。これが世界初の工業用パーソナルコンピュータシステムが生まれた瞬間である。

注1)ミニコン: 1960~1980年代に於いて、当時億単位であったメインフレームに対して、500万円~購入できた小型(小型ロッカー程度)の中小企業が手を出せるコンピュータをミニコンと呼んだ。今は無きDECが代表的なメーカー。

町田法人会報『Kawasemi』Vol.116に弊社代表が掲載されました

下記のページをご覧ください。
http://www.hojinkai-machida.or.jp/publication01/pdf/machida_kaihou_116.pdf