TOP > ADコンバータ(AD変換器) > PCIバス・複数スロット対応 高速ADコンバータ・ボード EC-2396N シリーズ

PCIバス・複数スロット対応 高速ADコンバータ・ボード EC-2396N シリーズ【製造終了】

デモキットあり

A/D変換分解能:16ビット。
アナログ入力数:8チャンネル。
サンプリング周波数:1MHz。

最大32チャンネル(PCIバス 4スロット占有)まで、
簡単に入力数の拡張が出来ます。 
HDDリアルタイム連続計測は、1テラバイト(4GバイトDVDが250枚分)
の大容量データを提供します。
 
チャンネル毎の独立A/D方式で、完全な同時サンプリングです。
(内部タイマー/外部入力クロックとも)
 
アナログ入力レベルトリガ機能の活用で、自動計測
(タイムリーに必要なデータ収集)をサポートします。
   
OSはWindowsXP以降に対応します。
複数のPCIスロットを具備したワークステーション等での
ご使用の際は、別途ご相談下さい。

計測例ご紹介

1:100KHz/0:5KHzのFSK(周波数偏移変調)信号を モニタしました。

カスタム応用例1

入力チャンネル数の拡張が容易

PCIスロットに複数のEC-2396Nを接続し、A/D間を専用の同期ケーブルで接続する。
これでOKです!
1スロット当り8チャンネルの拡張で最大4スロット(32チャンネル)までです。

拡張で、計測パラメータの設定により、ユニークな複合(同期/ランダム)計測が可能

1. スロット毎に共通の計測パラメータ[※1]を設定して

  完全同期計測モードで使用できます。
    タイミング信号[※2]のマスター/スレーブ方式の共有が選択できます。
  (応用例)32チャンネル同時データ収集
 

2. スロット毎に独立の計測パラメータ[※1]を設定して

  ランダム計測モードで使用できます。
  EC-2396N毎の独立(内/外部トリガ信号仕様)機能で、
  タイミング信号[※2]の選択が自由にできます。
  スロット毎に、1.項との併用が可能です。
  (応用例)4時系列ランダムデ-タ収集 
 
  注)このモードは、ソフトウェアのカスタマイズが必要となります。
    お気軽にご相談下さい。
                                                   

   [※1]計測パラメータ
    タイミング信号の選択
    計測データの収集形態(メディア・データ数など)
 
   [※2]タイミング信号

 A. スタート信号:計測を開始するトリガ信号
 B. サンプリングクロック信号:A/D変換するタイミング信号
 C. プリトリガ信号:このトリガ前後の、設定したデータ数を収録して計測を停止します。
 D. マーキング信号:A/Dデータフォーマットに割付られるデジタル・ビット信号(a/b/c)

    各ボードの先頭チャンネルのA/D変換デ-タの下位2ビットに割付できます。
    a. 外部マーキング信号・・・・外部/同期コネクタ[※3]のTTL信号
    b. 外部プリトリガ信号・・・・・外部/同期コネクタ[ ※3 ]のTTL信号
    c. レベルトリガ信号・・・・・・アナログチャンネルのレベル検出信号
 
   [※3 ]外部/同期コネクタ
        外部コネクタ:外部からEC-2396Nへ信号を入力するコネクタ(D-Sub)
        同期コネクタ:EC-2396N相互間を接続するコネクタ
 
   注)マーキング信号の割付け状態により、各ボードの先頭チャンネルの分解能は
     16ビット(割付け無し)、15ビット(1信号割付け)、14ビット(2信号割付け)
      となります

カスタム応用例2

HDDの構成と収録スピードの目安

1. PC付属ドライブ

   シリアルATA HDD:最大8Mデータ/秒(8チャンネル・1MS/S)
    (構成例:HDD S-ATA 512GB 7200rpm に最速収録で約8時間50分)
 

2. PCIバス RAID-0:最大16Mデータ/秒(16チャンネル・1MS/S)

   (構成例:PCIバス・スロットにHDD 2台をストライビング[※1]動作
   各HDD S-ATA 512GB ×2台 7200rpmに最速収録で約8時間50分)
 

3. PCI-Expressバス RAID0:最大24Mデ-タ/秒(24チャンネル・1MS/S)

   (構成例:PCI Expressバス スロットにHDD 2台をストライピング[※1]動作
   各HDD S-ATA 512GB ×2台 7200rpmに最速収録で約5時間55分)
 
   (応用例)長時間のデータレコーダ
 
   [※1 ]ストライピング 

 

       複数台のディスクに対し、均等に分散したデータを同時並列的に読み書きすることで、
       データ転送速度の高速化と大容量化を実現するシステム
       RAID(Redundant Array of Independent Disks) 0 の別称。

HDDを使用する大容量プリトリガ機能も可能です。

  概略動作:

    プリトリガ前:ループ・データ領域への上書き
    プリトリガ後:新規データ領域へ設定データ数を書き込み後、ストップ
    この機能により、プリトリガ前後の大容量(最大:HDDの空き容量)計測データを収録!
 
    注)RAID構成をご希望の場合、お気軽に、ご相談下さい。

レベルトリガ機能

レベルトリガ動作モードは、

  1. 計測スタート・・・・レベル検出で、計測を開始します。
  2. プリトリガ・・・・・・レベル検出後、指定データ数の計測後に終了します。
  の条件(1.項と2.項のうちいずれか1項を選択)として利用できます。

検出条件パラメータは、

  1. レベル検出チャンネル・・・レベルを検出するアナログ信号(入力チャンネル番号)
  2. スレッシュホールド・・・・・スロープ検出用の比較レベル(電圧値)
  3. スロープ・・・・・・・・・・・・・・スレッシュホールドを超える方向(+,-,±)
   となります。
 
   (応用例)突発現象発生時の自動データ収集
 
    注)動作モード、検出条件のカスタマイズも承っております。
      お気軽に、ご相談下さい。

仕様

機能名称 PCIバス 16bit-A/Dコンバータボード
最大サンプリング周波数 1MHz
入力チャンネル数 8CH
A/D変換分解能 16bit
A/D変換精度 ±0.2%ofFS(±0.1%ofFSも可能です)
S/N比 90dBTyp(ただしPCの機種により差異あり)
使用チャンネル数 8CH,4CH,2CH (ソフトウェア設定)
サンプリング方式 全チャンネル同時
入力方式 差動入力(+、-、GNDの3線式)・・・・・・*1
入力レンジ ±5V、又は±10V(最大入力は±15V)・・・・・・*2
入力インピーダンス 1MΩ
内部タイマー 1μSec~1mSec
外部トリガ スタート、クロック、プリトリガ
レベルトリガ 任意のアナログチャンネルの設定レベルで、
計測スタ-ト或いは計測ストップトリガ発生
(ウィンドウ-レベルその他条件はプログラム設定)
デジタルマーキング信号 2信号(1チャンネルのA/Dデ-タの下位ビットを使用)*3
バスインタフェース PCIバス32bit/33MHz(バスマスターDMA方式)
ボード外形寸法 174mm×106mm(ハーフサイズ)
〔ブラケット,コネクタ寸法除く〕
電源供給 PCIバス+5V、+3.3V
使用環境 温度: +5℃~+35℃
湿度: 20~85%(結露しないこと)
◆A/D複数使用時の仕様
HDD連続収録方法 1枚8CH : 8Mデータ/秒・・・シリアルATA HDD
2枚16CH: 16Mデータ/秒・・・PCI_ RAID0
3枚24CH: 24Mデータ/秒・・・PCI-Express RAID0
入力チャンネル数増設 完全同期方式:専用ケ-ブルによるマスタースレーブ同期
1. 2SLOT:16CH
2. 3SLOT:24CH
3. 4SLOT:32CH

※1・・・出荷時、シングルエンド入力に固定する事は可能です。
※2・・・他のレンジは、ご相談下さい。
※3・・・マーキング機能をご使用の際は、CH1の分解能は15bits/14bitsとなります。

型番/定価(消費税抜き)

ハードウェア

EC-2396N(A/Dコンバータボード)
入力接続ケーブル1本付属

¥498,000
ハードウェアオプション
入力端子BOX EC-1411D(差動入力タイプ 8CH) ¥48,000
信号入力ケーブル
(両端コネクタ)
※1
EC-CBL-2396N-DAM-1(L=1m) ¥15,000
EC-CBL-2396N-DAM-2(L=2m) ¥20,000
EC-CBL-2396N-DAM-3(L=3m) ¥25,000
EC-CBL-2396N-DAM-5(L=5m) ¥35,000
信号入力ケーブル
(片端コネクタ)
EC-CBL-2396N-D-1(L=1m) ¥10,000
EC-CBL-2396N-D-2(L=2m) ¥15,000
EC-CBL-2396N-D-3(L=3m) ¥20,000
EC-CBL-2396N-D-5(L=5m) ¥30,000

*1:EC-1411Dに適合します。EC-1411Dをご注文頂いたお客様には標準で1mタイプが付属します。

ソフトウェア
DAQIII データ集録・表示ソフトウェア ¥98,000
WAAP-WIN 波形解析ソフトウェア ¥298,000
テキスト変換セーブ機能(ASCI I ) ¥50,000
ライブラリ: DLLソフトウェア ¥100,000

接続ケーブル仕様

両端コネクタタイプ
使用コネクタ1 DDK製アンフェノール50Pプラグ圧接タイプ
使用コネクタ2 HIROSE製NX30H-68P+NX-68H-CV
ケーブル材料 ツイストペア・シールド+単芯シールド
片端コネクタタイプ
使用コネクタ HIROSE製NX30H-68P+NX-68H-CV
ケーブル材料 ツイストペア・シールド+単芯シールド

RAID0構成ご希望の場合の仕様及び価格はご相談下さい。

EC-2396NのA/Dコンバータ特性をスペクトラム実測例でご紹介

Ⅰ.アナログ入力波形

入力1:正弦波・10KHz 入力2:矩形波(duty=50%)・10KHz

Vp-p:
(1)1mVp-p(-500uV~+500uV)・・・・・・-86dB_FS
(2)10mVp-p(-5mV~+5mV)・・・・・・・・-66dB_FS
(3)500mVp-p(-250mV~+250mV)・・・ -32dB_FS
(4)20Vp-p(-10V~+10V)・・・・・・・・・・・0dB_FS
(Ⅲ.周波数スペクトル実測例)を参照してください。

Ⅱ.周波数スペクトル解析条件

サンプリング周波数=1MHz / データ数=16384
Y軸:0dB=20Vp-p /  X軸:0~500KHz

Ⅲ.周波数スペクトル実測例

低いノイズフロアー&優れた分解能・実測例1
(1)1mVp-p(-500uV~+500uV)
...-86dB_フルスケール
入力1:正弦波入力時
(1)1mVp-p(-500uV~+500uV)
...-86dB_フルスケール
入力2:矩形波入力時
低いノイズフロアー&優れた分解能・実測例2
(2)10mVp-p(-5mV~+5mV)
...-66dB_フルスケール
入力1:正弦波入力時
(2)10mVp-p(-5mV~+5mV)
...-66dB_フルスケール
入力2:矩形波入力時
広いダイナミックレンジ:実測例3
(3)500mVp-p(-250mV~+250mV)
...-32dB_フルスケール
入力1:正弦波入力時
(3)500mVp-p(-250mV~+250mV)
...-32dB_フルスケール
入力2:矩形波入力時
広いダイナミックレンジ:実測例4
(4)20Vp-p(-10V~+10V)
...0dB_フルスケール
入力1:正弦波入力時
(4)20Vp-p(-10V~+10V)
...0dB_フルスケール
入力2:矩形波入力時

※ホームページに記載された価格、仕様等は予告なく変更することがあります。

同系列製品のご案内

最高1MHzサンプリング/16ビット分解能

◆ノ-トパソコンでの計測・解析を、お考えの方へ

  EC-6500N(カードバス/Expressカ-ドインタフェ-ス:ボックスタイプ)を推奨します。
  1MHzサンプリング・8チャンネル入力・16bit分解能の可搬型計測器として最適です。

◆もっと多チャンネル(最大160チャンネル)での計測・解析を、お考えの方へ

  EC-6960(PCIバスインタフェース:ボックスタイプ)を推奨します。
  多種類信号/多点計測に最適です。 

◆更に高速(最高80Mデータ/秒)、もっと多チャンネルでの計測・解析を、お考えの方へ

  EC-6980 (EC-6986)(PCIExpressバスインタフェース:ボックスタイプ)を推奨します。
  高速・低速事象の混在データの長時間計測に最適です。