TOP > 音振動解析・計測システム導入事例 > 橋梁疲労損傷モニタリングセンサー

橋梁疲労損傷モニタリングセンサー

ストレインゲージより得られる計測値を元に橋梁の寿命等の状態を調べます。

鉄道橋梁の疲労度を計測するために、PC、シグナルコンディショナー、バッテリー電源がコンパクトな可搬ケースに実装されています。橋梁に付けられたストレインゲージの信号を取り込み、専用のソフトで解析を行います。

製品の基本構成

1 EC-2360シリーズ   1台
2 ノートパソコン Windows XP Pro. 1台
3 差動アンプ 1000倍 16ch. 1台
4 ローパスフィルター 16ch. 1台
5 バッテリー 2.2AH 1式
6 専用ソフト   1式