TOP > 解析ソフトウェア > WAAP-WIN(波形解析ソフトウェア)

WAAP-WIN(波形解析ソフトウェア)

大容量データの多彩なグラフィック表示、マルチ表示や各種演算処理が簡単

WAAP-WINは、データ集録・表示ソフトウェアDAQ-WINに付加されるデータ解析 ソフトウェアで、Windows 10上においてエルメック製の高速・大容量・多 チャンネルA/Dコンバーターをフルサポートしています。

特徴

最大256ch、2GBまでの解析を行います。
Windowsの特徴を充分に活用し、DAQ-WINで集録された大容量データの多彩なグラフィック表示、マルチ表示や各種演算処理が簡単に行えます。
オフライン処理は計測部で設定された条件によりページ単位に画面を分割し、ページ間のトレンドや加算平均を行なえます。
1ページのデータサイズは、16384データまでで、それらのページを最大16384ページまでに分割することが出来ます。

注:OSはWindows10以降に対応します。

用途

音声解析 、 肺音データ解析、 エンジン燃焼解析、心電データ解析、故障診断解析、筋電データ解析、 応力歪解析、 脳波データ解析、振動解析、常時監視システムなど・・・

1.表示機能( オンライン/リプレイ 表示 )

2本のカーソル により△X、△Yの値が読み取れます。

A. 時系列処理
生波形表示 微分処理 積分処理 二階微分 二重積分
B. 周波数解析処理
波高値 パワースペクトラム 相互相関 伝達関数
1/1オクターブ、1/3オクターブ
上記A、Bに共通した機能として、2画面間の加減乗除、計測中の
リアルタイム 解析表示が出来ます。

2.オフライン処理

解析前にデータをトリガー条件により検索し、ページ( 1度に演算、表示できる単位[最大16384データ]))単位に分割します。ページ分割の同期方法には、次の3通りが あります。

  • 非同期 : 単純にデータをページサイズで分割します。
  • レベル : 波形のレベルを過ぎったポイントをページの開始点にします。
  • マーク : A/Dデータのマークビット(ハードのオプションが必要)に同期 して分割を行います。
  • 加算平均: 複数ページ間で、ページ内の各ポイント同士のデータの同期加算平均を行ないます。
  • トレンド: 各ページ内の最大値、最小値、平均値、特定ポイントの値を求め
          X軸をページ数としてデータをプロットします。
          これにより、ページの進行と共に変化するデータの傾向を見る事ができます。

機能

リアルタイムモニター表示例 重ね書き表示例 FFT解析・1/3オクターブ表示例

その他、オプション機能

リサージュ表示 、自己相関、相互相関、ウェーブレット、統計値指定範囲での最大値・最小値・平均値・標準偏差のデジタル表示

※ 注:弊社製A/DコンバータとPCを接続して、WAAP-WINをご使用ください。(複数のPCにはインストールできません。別途オプションとなります。)

定価(消費税抜き)

品名 定価
WAAP-WIN波形解析 ¥298,000