TOP > WAVELET解析集

WAVELET解析集

ウェーブレット解析で分からない事がございましたら、
悩んでいないで、ご遠慮なく今すぐお電話を!
お待ちしています。

ウェーブレット変換による鉄筋コンクリート検査

鉄筋コンクリートの巣、亀裂を判定し、状態の良否判定を行います。

計測方法:
インパルスハンマーで、10msec.叩いた音をマイクロフォンで測定。
サンプリング周波数:  50kHz  サンプル数:  2500 50msec間のデータ
データAは正常なもの、 B~Cが各種の異常を呈したものです。
ここではウェーブレットはモルレー関数を使用。
各周波数成分の積分演算グラフ周波数特性から定量的に判定が可能になっています。

この解析の詳しい資料は、こちらからお問い合わせください

ウェーブレット変換によるリレー動作音の判定

リレー動作音(ON時)の判定を行います。

計測方法:
リレーをONする動作音をマイクロフォンで測定。
サンプリング周波数:  44.1kHz  サンプル数:  800ポイント 18.14msec間のデータをウェーブレット 変換したものです。 左側は良品、右は聴音では良否の判定が難しかったものです。ここではウェーブ レットはモルレー関数を使用しました。
 解析例は上から、カラー表示、三次元表示、2次元表示、2次元の特定周波数のみの表示、積分グラフ となっています。

 

この解析の詳しい資料は、こちらからお問い合わせください

コンクリート疲労度を超音波とWAVELETで解析

コンクリートを伝搬する超音波の変化をWavelet解析して、劣化を判定。

コンクリート部材を加圧した状態で超音波を透過させ、伝搬してきた波形を、Waveletで解析を行う事により、加圧状態の変化による疲労度を定量観測します。コンクリートの疲労度に応じて、受信波には変化が現れますが、生波形の比較やFFTではその変化は極僅かで、 その違いを見る事は大変困難です。
Wavelet解析ではその微細な変化を的確に捉える事ができます。

この解析の詳しい資料は、こちらからお問い合わせください