TOP > よくある質問

よくある質問

製品の紹介からご検討&ご購入まで:QⅠ

QⅠ_1 製品の詳細情報を知りたい

お問い合わせは原則Web情報対応とさせて頂いております。
尚、ご不明な点がございましたら、ご用途とお知りになりたい情報をお問い合わせ画面か、資料請求よりご記入のうえ送信して下さい。 専任担当より折り返しご回答申し上げます。

QⅠ_2 カスタマイズ/特注は可能ですか?

はい。お客様のご要望をお聞き致しました上で、計測の最適化を提供する為に標準品のカストマイズ、特注システムまで幅広くお請けしております。営業にご相談ください。

QⅠ_3 A/Dコンバータのほかに周辺機器も扱っていますか?

製品に使用する周辺機器(コンピュータやプリンタなど)は、ご希望に応じてお見積差し上げることができます。営業にご相談ください。

QⅠ_4 資料(カタログ)がほしいのですが

商品ごとの単品カタログは、ダウンロードページから、ダウンロードできます。
その他の詳しい資料がご入用の方は、別途お問い合わせください。

QⅠ_5 製品の貸し出しはできますか?

一部製品に関しましてはご購入前提のお貸し出し対応が可能です。
その際、ご用途・必要時期・ご予算等を「資料請求」よりお問合わせください。

QⅠ_6 製品のデモンストレーションを見ることができますか?

営業がお話をお伺いして、アポイントメントを取っていただいた方に、デモをお見せしております。お気軽にお問い合わせください。

QⅠ_7 製品納期はどれくらいかかりますか?

標準品は、ご注文後1週間以内に、発送させて頂いております。
受注生産品は別途納期回答を差し上げております。システムの構築については、弊社よりカスタマイズしますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

QⅠ_8 在庫のある製品はありますか?

標準在庫リストをご覧下さい。→DOC_1
在庫製品の納期及び大口ご注文の場合はお問い合わせください。

QⅠ_9 製品を購入する場合は?

直接販売も代理店販売も承ります。
ご購入方法の説明書をご覧下さい。→DOC_2
代理店ご利用のお客様は代理店リストをご覧下さい。

QⅠ_10 製品発送の際、送料はかかりますか?

国内配送の場合、送料は弊社負担となっております。
海外発送の場合は、別途お問い合わせください。

QⅠ_11 製品のソフトライセンスはどのようになっていますか?

各製品は全て「シングルライセンス」となっておりますから、1台のパソコンにインストールしてご使用ください。
複数のパソコンでご使用になる場合は、複数台数に対応した格安の「ライセンス製品」を別途ご用意しております。「ライセンス」のページを参照ください。

QⅠ_12 パソコンのOS変更は可能ですか?

可能です。有償にて承ります。

QⅠ_13 海外輸出をお考えの方に

「海外輸出の説明書」をご覧下さい。→DOC_3

QⅠ_14  証明書類について教えてください。

弊社のA/Dコンバータや入力BOXの校正証明書、トレーサビリティ体系図、試験成績書取得をお考えの方は、機種名、シリアル番号をご準備の上、お見積をご依頼ください。

QⅠ_15 校正の周期は?

測定精度維持のために、一年ごとに校正することをお勧めしております。担当営業までお気軽にお問い合わせください。

パソコン&製品ソフト関連の技術に関して:QⅡ

QⅡ_1 ソフトウエアのデータ形式について教えてください。

弊社のA/Dコンバータと計測表示ソフトDAQIIIを使って計測した場合、入出力データ形式は弊社独自のデータ形式であるIMD形式となります。 出力デ-タ形式は、オプションでテキストデ-タに変換出力できます。

QⅡ_2 DLLに対応している言語について教えてください。

「DLLソフトウェア言語の説明」 をご覧下さい。→DOC_4

QⅡ_3  A/Dコンバータを他社のソフトウエアで使いたいのですが?

A/Dコンバータを他社製のソフト(LabVIEWなど)で使いたい場合は、弊社のDLLソフト(定価:¥100,000)経由でお使いください。
なお、使用方法につきましては、お手数ですが各メーカーに直接ご確認ください。

QⅡ_4 BIOMAS、ウェーブレットに対応しているデータ形式について教えてください。

入出力のデ-タ形式ともIMD(弊社独自のバイナリデータ形式)と、テキストデータに対応しております。

QⅡ_5 対応しているOS環境は?

対応しているOSは、Windows98SE/Me/2000/Xpが標準です。
A/Dコンバ-タ-の機種により若干の相違が御座いますので、個別カタログの参照をお願い致します。 Vistaも近日中に対応いたします。

QⅡ_6  レベル判定ソフトウェアについて教えてください。

弊社では、ソフトウェアにて単純な「1」、「0」判定ではなく、ファージ-的な判定を行うために、面積判定や面積加算判定、複数レベル設定+面積判定という判定手法を可能にしてます。
詳細については「レベル判定技術」をどうぞ!→DOC_5

QⅡ_7 推奨されるPCのスペックを教えてください。

弊社ではPCは、  Windows Xp Home Edition 、 Pentium4(1.7GHz) (1GByteのメモリ)、512MByte以上のメインメモリを推奨しております。
接続するA/Dコンバータのインターフェースが用意されていることは必須です。

QⅡ_8 A/DからPCへ直接取り込む場合の計測用メモリは何Mbyteですか?

Windows Xp で 512MByte以上のメモリを実装している場合、計測用に確保できるメモリサイズは、100Mbyteまでです。
この最大サイズは、OSで決まっており、実装メモリサイズを大きくしてもこれ以上は増やすことは出来ません。

QⅡ_9 A/DからHDDへ書き込みながらの計測は、どの速度まで対応できますか?

基本的には、弊社で確認しておりますPCの環境(QⅡ_7)では、10Mデータ/秒での速度が実現できております。
ただし、この実現につきましては様々な条件が必要となります。
書き込み速度の確実な実現の為、当社でPCを含めた総合的な調整をして出荷させて頂きますので、ご相談ください。

QⅡ_10 前QⅡ_9よりも速い速度でHDD書き込みを行ないたいのですが。

20Mデータ/秒の速度でデ-タ収録が実現できます。
方法について「高速なHDD収録に関して」をご覧下さい。→DOC_6

製品ハード関連の技術に関して:QⅢ

QⅢ_1  多チャンネル計測のクロスト-クは?

弊社のハードウェア製品は、A/D変換デバイスの性能を100%発揮できるように、細心注意を払って設計製造されています。
チャンネル間クロスト-クは、の影響を0.1%(Fs)の精度保証内に抑えているため、より正確にデータが読み込むことができます。

QⅢ_2  16ビットA/Dを使うと精度が上がるのですか?

精度は上がります、ご注意頂きたいのはシステムとして、色々なノイズが飛び込んだり、アース系から回り込んできます。
よって、結果として12ビットA/Dから16ビットA/Dに変更した時、そのA/Dに対応した性能の保証は出来ません。

QⅢ_3 マルチプレクサタイプの16ビットA/Dについて

留意点について「16ビットA/Dのマルチプレクサ」をご覧下さい。→DOC_7

QⅢ_4 拡張PCIバスでA/Dコンバータを使用したいのですが。

拡張PCIバスの仕様・規格による制限があります。
転送スピ-ドに関しては、特にバスのレ-テンシィが重要なファクタとなります。
その他、電源容量に関して確認が必要です。
詳細につきましてはご相談下さい。

QⅢ_5 複数のデジタル信号とアナログ信号を同時に収録したいのですが...

製品により、方式は違いますが、基本的には可能です。
PCIバス用のEC-2370シリーズのBタイプとEC-2376,カードバス用のEC-2380シリーズに オプション機能として用意しております。

QⅢ_6 A/Dコンバータの入力は差動入力ですか?

製品により差動入力とシングルエンド入力がございます。
シングルエンド入力タイプの製品は差動入力アンプボードをオプション機能として用意しております。

QⅢ_7 熱電対の信号を収録したいのですが...

弊社では、温度計測システムの納品実績が多くございます。
高ゲインアンプ、零接点補償回路,温度テーブルを用いて温度計測をおこないます。

製品のトラブルシュ-ティングその他に関して:QⅣ

QⅣ_1 故障かな?と思ったら

故障かな?と思ったら・・・下記をご確認ください。

  • 電源コードは抜けていませんか?きちんとさされていますか?
  • PCIバスの電源コードは接続されていますか?

修理依頼をされる前に、一年以内でしたら保証書をお手元にご用意ください。
それ以上でしたらシリアル番号を調べてからご連絡ください。修理は基本的にセンドバックギャランティです。
保証内容の詳細は、保証書に記載されていますので、お読みください。

QⅣ_2 インスト-ル方法が良く解らない場合の対応は? 

商品には、ソフトのインストール手順を詳しく解説した「セットアップガイド」と「取扱説明書」が付属しております。
不明な点がありましたら、メールにてご連絡ください。

QⅣ_3 ソフトウェアが原因で計測が出来ないことがありますか?

内部クロック使用時に『止まってしまう』という内容が、カウンターが止まってしまうということでしたら、この原因は、PC内の他のデバイスが、弊社のA/Dコンバータの割り込みを妨げている可能性があります。
電源管理等の設定をBIOSも含めてことごとく、『使用しない』 様に設定してみてください。

MOREドキュメント:DOC

DOC_1 「標準在庫リスト」

在庫を持つ製品は、下記の製品です。

  • EC-2360-1
  • EC-2360-2
  • EC-2371A-1
  • EC-2371A-2
  • EC-2396N
  • EC-1411
  • EC-1412 06-01
  • EC-1412 06-02

DOC_2 「ご購入方法の説明」

お見積後、お客様書式の注文書をご発行ください(FAX、メール、もしくは郵送いただければ、折り返し納期のご連絡を差し上げます。)商品発送時に納品書/請求書を添付します。
ご注文時に取り決めさせていただいた方法でご入金ください。
個人様でのご購入の場合は、商品発送前に代金の銀行振り込みをお願いする場合もございます。

DOC_3 「海外輸出の説明書」

弊社製品[A/Dコンバータ、システムの入力BOX]などを海外に輸出する際は経済産業大臣による輸出許可を必要とするものであるか否かを判定する資料として、税関において該非判定用パラメータシートの提出を求められます。
弊社製品のパラメータシートが必要な場合、オンラインもしくはFAXでお申込ください。
弊社が発行するパラメータシートの様式は、日本機械輸出組合 パラメータシート様式:該貨8-Gです。 弊社取扱様式以外の指定の様式での発行は、行っておりません。
該非判定用パラメータシート発行までは通常2週間程度かかります。予めご了承下さい。

DOC_4  「DLLソフトウェア言語の説明」

DLLソフトウエアにはVCとVBのサンプルソフトが添付しております。
サンプルソフトが添付していないもので、動作確認が取れている言語は下記です。

  • DELPHI
  • C++Builder

尚、これ以外の言語や開発ツールにつきましては、それらの言語や開発ツールを販売されている会社に弊社DLLを使用することが可能かどうか、相談してください。

DOC_5 「レベル判定技術」

弊社の判定手法に関しては、特殊の優位性があります。
弊社は、コンピュータを使って、ソフトウェアにより、複雑な判定ロジックを作り、構築できるので、より確実な判定を行っています。
具体的には、面積判定や面積加算判定、複数レベル設定+面積判定という判定手法があります。

A. 一般的な測定器の例

コンパレータレベル判定
  • 周辺ノイズや設備ノイズ等一回きりのノイズでもNG判定します。
B. 弊社製判定機の例

1.面積判定

2.面積加算判定

3.複数レベル設定+
 
  1. 面積判定ですが、斜線部分個数判定(面積)で判定を行っているので、タイマを入れる面倒な設定をする必要がありません。
  2. 面積加算判定という判定手法で、閾値からオーバーした部分の面積加算を行っているので、より精度の高い判定が可能になります。
  3. 複数レベル設定+面積判定という判定手法で、複数の判定レベルが設定できます。H1、H2、H3のどれかを使うのか判定自由に選択できます。

DOC_6  「高速なHDD収録に関して」

弊社では、次の2つの方法で実現しております。

  1. HDDに RAID-0 (ストライピング接続) を使用して、HDDの速度を上げる。
  2. 1A/Dコンバータを実装したPCを2台用意し、2台のA/D間で同期を取りながら計測する。

これらの方法を実現する場合は、弊社でPCを含めた総合的な調整を行なって出荷させていただく事になりますので、ご相談ください。

DOC_7  「16ビットA/Dのマルチプレクサ」

方式的には一般的な方式でが、16ビットA/Dを使用する場合は、精度を得るためには色々と検討が必要です。
例えば、マルチプレックサの伝達精度、及びセットリング・タイムの特性を十分考慮しなければいけませんし、それらの特性を考慮してハード設計すると、チャンネル・スキャンレートが遅くなります。
更にマルチプレックサ前段の出力インピーダンスや、配線、基盤のパターなどから来るクロストークも精度に大きく影響してきます。
弊社の製品は、それらの問題点を十分考慮した上の製品です。