AI音振判定ウェーブレットシステム

音と振動計測の開発に40年以上携わってきたエルメック では、品質管理や出荷検査などの良否判定をする手法として熟練エンジニアの経験や感覚に基づく「官能検査」をコンピューターに置き換えて判定することを目指してきました。そして、近年の著しいPC計算能力の向上により、深層学習(DeepLearning)AIを使った判定を行う事で、従来よりも簡易的かつ高度な判定が出来るシステムの開発に成功しました。

従来の判定システムでは、FFT処理や各周波数帯の強度変化から特徴を見つけ出すなど、面倒な判定条件を設定する必要がありましたが、当システムでは弊社が独自に開発した「WAVELET」で各周波数帯の音圧強度が一眼でわかる時間軸のカラー画像に変換


この画像を深層AIが細部にわたって認識することで、今まで人では判別できなかった複雑で情報量の多い、高度な判定もできる様になりました。

DL(ディープラーニング) AIは良品・不良品など、あらゆるパターンの画像データを何層にも構成されたニューラルネットワークで学習をします。

したがってAIが学習をすればするほど、学習したデータ(教師データ)が増えていき、判定精度が向上していくのも当システムの特徴です

AI判定では多量のデータ比較をするため、比較しやすい再現性のあるデータ収集が必要になります。そこで被測定物に一定の打音を与える「打撃装置」とその振動を検知する「振動センサー」とを一体化した「打音計測ツール」を使用することで、熟練技術者に頼ることのない、誰でも簡単に計測できるツールを開発しました。

さらにタブレット端末やポータブル型のA/Dコンバータ・電源アンプと組み合わせることで、どこへでも手軽に持ち運びができる、簡便性の高いシステムとして活用できます。

当システムはお客様の計測ニーズに合わせて製作するカスマイズ製品となっております。またお客様のご予算に応じて、機械学習(ML)AIやFFT(1/3オクターブバンド)などを使用した判定システムも用意できますので、どうぞお気軽にご相談・お問い合わせ下さい。